失敗しないマンション経営を学ぼう|ファイナンス特集

スーツで案内する男性

不動産投資の不手際とは

室内

投資の気づかないところ

マンション経営での失敗は、気づかないところで起きています。その理由としては、購入したけれども失敗に気づいていないまま行っていることです。購入する前の対策や購入後の対策をしっかりとすることでマンション経営の失敗を防いでいくことができます。例えば投資をしている友人がいて自分も不動産を所有したいと思ったり、早く所有しなければと思えば思うほど焦りが発生してしまい、失敗してしまう傾向にあります。元々は自分の身の丈にあったマンションを購入することで、スムーズに投資をしていくことができるようになります。失敗を失敗ではなく、利点として捉えるようにし、わからない場合は不動産に関するプロに相談したりして進めていきましょう。

どんな場合に気づくのか

マンション経営での失敗と気づくのが遅れているのは、良いと思っていたことが悪くなったことを想定していないために起きています。購入前にすることは、融資をしていたらきちんと返済ができるのかや融資期間が適正になっているのかといったことが挙げられます。また、家賃が適正価格での賃貸になっているのかを確認する必要もあります。また管理費が高すぎる場合もありますので、諸経費に必要となる部分が適正なのかを確認するようにしましょう。購入後については、しっかりと管理をしてもらえる管理会社なのか、入居者が退去しても直ぐに賃貸契約してもらえる業者なのかを把握しておく必要があります。このようにマンション経営での失敗につながることは次々と出てくる場合があるので、きちんと調査してから購入しましょう。