失敗しないマンション経営を学ぼう|ファイナンス特集

スーツで案内する男性

成功したいなら

マンション

リスクを知っておくこと

不動産投資で代表的なのがマンション経営です。マンションを一棟もしくは一戸を購入して賃貸物件として貸し出し家賃収入を得る方法です。うまくいけば、ある程度の収入源となりますし長く人が住めばそれだけ定期収入として当てにすることもできます。しかし、マンション経営はあくまでも経営ですのである程度のリスクは存在しています。現実にマンション経営に失敗している人も少なからずいます。まずはマンション経営にどのようなリスクがあるのかを、しっかり把握することです。この点をよく理解しないまま、マンション経営に手を出すと失敗の可能性が高くなります。また、物件を購入する時にはなるべく無理の無い借入額を目指しその物件価格の4割程度の借入に抑えるのがローンで破綻しない目安です。

管理をしっかりするように

マンション経営に失敗しない為には失敗事例をまず、最初に把握しておきましょう。営業の人はついつい、メリットばかりを強調した営業トークをするものです。それに乗せられてしまうと、成功事例のうまみばかりを先に知ることになってしまいます。そうなると、冷静な判断ができなくなる可能性もあり、それがマンション経営の失敗を招くことになります。マンション経営の成功事例を知ると共に失敗事例もよく把握した上で決断するようにしましょう。また、マンション経営をしようとするなら積極的に物件の管理に関わっていくようにしましょう。そのマンションの借主にとって、あなたは大家さんの立場になるわけです。大家さんがいい加減な管理をしているなら入居してくる人も入居を見合わせてしまう可能性もあります。マンション経営をするなら賃貸物件の管理には誠実な態度で行うことが大切です。